WEB上での記事作成の仕事を行う流れ

2016年6月25日

ユーザー登録して書けそうなテーマを選ぶ

最近増えているインターネット上での記事作成の仕事はどのように行えばいいのでしょうか。まず、ライターを募集しているサービスはたくさんありますので、いろいろとユーザー登録をしてみましょう。登録料といったものは必要なく、無料で利用できますし、基本的には住所、氏名といった個人情報の提出も不要です。ユーザー登録を行うと、クライアントが求めている記事のテーマを見ることができますので、書けそうなテーマを選んでみましょう。

注意事項に書かれているルールに注意

テーマを選ぶと注意事項が表示されます。たとえば、文末はです、ますで終わるように書いてほしいといったことや、体験談のみで書いてほしいといったことです。注意事項に書かれているルールを守らないと記事を書いても無効にされてしまう場合があるので注意しましょう。また、テーマによって最低文字数が決まっています。100文字程度の案件もありますが、3000文字を超えるような長文を求めるテーマもあるので、最初はできるだけ文字数が少なくてもいいものを選ぶといいでしょう。

記事は必ずブラウザ上で書こう

記事はブラウザ上で書くことになります。ワープロソフトを別に起動して、そこで書いてからコピーしたものをブラウザにペーストすることはできないようになっていることがほとんどです。なぜかというと、ウェブ上に既に掲載されている記事をコピーさせないようにするためです。記事を書いたあとは投稿ボタンを押します。すると、作業履歴にいつ投稿したのかがわかるように記録されます。投稿した記事は内容に不備がないかをチェックされ、数日から数週間程度で審査結果が出て、承認されると報酬を受け取ることができます。

記事作成とは、掲示された条件に則って記事を作成する仕事です。最近ではネット上のクラウドソーシングで記事作成を利用する人も増えています。