とても怖いネットの誹謗中傷!日頃から気をつけるポイントがあります

2016年5月26日

ネット上の発言に気をつけましょう

SNSやブログをやっているけれど誹謗中傷が怖いという人もいるでしょう。誹謗中傷の原因を自分で作らないことが大切です。何の原因もなくいきなり誹謗中傷されることは滅多にないからです。インターネット上だと気が大きくなってつい過激な発言をしてしまうこともあるかもしれません。しかし、過激な発言をすると不快に思った人たちから攻撃される恐れがあります。発言を投稿する前に必ず見直しましょう。友人や知人に話せないような内容ならば投稿しないほうが賢明ですよ。

アカウントには鍵をかけましょう

SNSは公開を制限できる機能が付いているものが多いです。出身校や職業などの情報は公開を制限したほうが無難です。万が一誹謗中傷されても個人情報が不明な状態ならば大した影響はありません。アカウントを削除するだけですみます。しかし、個人情報が分かっていると職場や学校にメールや電話が来る可能性があります。こうなると周りに人たちに迷惑をかけてしまいます。また、自宅の最寄り駅など個人情報を推定できる情報も極力ネットに書き込まないほうが安全ですよ。

あまり深刻に悩まないようにしましょう

インターネット上で発言すれば批判もされるものです。多少何か言われても深刻に悩まないようにしましょう。誹謗中傷を恐れて何も言えなくなってしまったらつまらないです。不当な誹謗中傷に対しては黙殺するか1回反論するだけで十分です。相手をしなければ誹謗中傷している相手は飽きていなくなるでしょう。なお、反論するときは悔しいでしょうが冷静になる必要があります。過激な言葉を使うと逆効果です。面白がって煽り立てる人が出てきます。

ネット社会における誹謗中傷、風評被害といったものは大変迷惑な話となりますが、こうしたことに対抗すべくサジェスト対策ビジネスが生まれました。