将来性がある?!ビットコインの基礎知識について

2016年4月24日

仮想通貨という形が注目されています

グローバルな決済のための通貨をターゲットにしているのがビットコインになります。数多くの人がビットコインに期待しています。ビットコインは仮想通貨という訳で、現物は一切ないです。しかしながら、コンピュータのデータ―そのものとしてあるのです。少し特異なとらえ方ではありますが、それによって、安定感がある通貨が生まれているわけです。私達が住んでいる日本においても資産価値が存在するとして、金融の取り扱いをすることが決められたわけです。

ビットコインの本当の目的とは

ビットコインが彗星のように知れ渡ったのが、財テク的な一面になります。数千円で買いあげたものが、高騰して多額の金額になったというプロセスがセンセーショナルに世界的規模で、伝わったからです。しかし、あくまでも要点となるのは、通貨価値といえます。仮想通貨であったとしても、貨幣の機能を考えて作られたものです。そのような設計哲学が、ビットコインにはあったというわけです。このことが究極的な目的ということです。

ビットコインの将来的な可能性

ビットコインがしっかりと金銭になる日がくることも想定されます。最低限でも金融であるといえます。我が国においても認定されるようになっています。これから先一段と現金扱いになることが想定されます。最低限でも国際的な通貨として利用することができる可能性があります。その結果、世界的規模の決済のための通貨として高い評価を得る可能性があります。ここのところがとても重要であって、効果的にすれば、いろいろな無駄な費用を削ることができる通貨というわけです。

ビットコインは、仮想通過となりますが、仮想といってもお金であることに変わりはありません。オンラインゲームで広く知られています。