心理的作用から分析をする!成功を納めるためのウェブ制作とは

2016年4月22日

女性のモデルがよく採用される分析結果

ウェブ制作では、モデルを採用される事がよくありますよね。男性よりも圧倒的に女性のモデルの方が多く採用されています。二人のカップルが道をすれ違う時に、お互いのカップルは、どの様な反応を引き起こすかの心理的分析結果がありますよ。男性は、異性を好むため、相手の異性に意識が集まります。女性は、同性の相手に意識が集まる結果があります。女性の場合は、美しい姿を求める心理作用が強いため、異性の美しさについて意識が集まり易いと言われているのです。つまり、ウェブ制作では、女性を採用した方がユーザーの意識を向け易い事になりますよね。

丸みを取り入れる分析結果

人には、丸、三角、四角に対しての印象を持ち合わせている事がありますよね。丸みは赤ちゃんの様に柔らかい、三角は、刃物の様で切り開く、四角は、石の様に頑丈と様な印象です。ウェブ制作に対するデザインからも同じ事が言えるのです。端末は、四角いデザインであるため、その中の四角い内容は、堅すぎる印象を与えかねません。もちろん、堅く閉ざされている印象からは、サービスの利用を促しにくくなります。そのため、丸みのあるデザインを取り入れる事によって、柔らかい印象をユーザーに持ってもらう手法が取り入れられていますよ。柔らかさとは、形、意外にも色の使い方を工夫する事もポイントです。

ワンポイントとして暖色系の色を採用している分析結果

大手上場企業の多くのロゴマークは、赤色でデザインをされていますよね。ただ、赤色が好きな訳では無く、赤色には心理的な作用を引き起こす事が出来るためです。赤と言えは、私達の体に流れている血も赤色をしています。他の人が赤い血を流していれば、自身にも危険な状態に置かれているのではと考えてしまうでしょう。つまり、赤色は、注意を促し記憶に強く刻んでもらえる効果を最大限に期待する事が出来るのです。ただし、赤色を多用すれば、危険な内容だと判断されてしまいかねません。又、他のウェブサイトと差別化できにくくなります。そのため、ワンポイントとして、赤色と同じ暖色系の色を扱われている事も分析結果から分かります。

コーディングとは、仕様書や設計書からソースコードを記述する作業の事で、プログラミングの工程の一つです。